tel:06-7710-8580
06-7710-8580
【受付時間】9:00〜12:30 / 15:00〜20:00
LINE 予約・問合せ

投稿

ツボ⑧:坐骨神経痛

 

 

 

ツボ⑧:坐骨神経痛

強い痛みが治まってからツボ刺激を行います
小指と薬指の股下をもめば痛みもラクになります

坐骨神経痛の原因
坐骨神経痛は腰からかかとまで、足の裏側を走っている神経の中でもっとも長い末梢神経です。
椎間板ヘルニアや、老化でも鎖骨神経痛は起こってしまいます。
その痛みはおしりから太ももの裏、足の指、かかとにまで走り、足全体のすじが収縮してしまうのです。
まるで電気に打たれたような痛みが走ったり、ジンジンといつまでも痛みが続いたり、その症状は様々です。

特効ツボとゾーン

坐骨神経点(ざこつしんけいてん)
そのまま呼ばれているツボだけあって、坐骨神経痛の対処には、まずはここの押しもみから始めます。
やや強めに行うと効果も高いです。
薬指の掌指関節(手をグーにするとき骨が出ているところ)の間の小指側にあります。

腰腿点2(ようたいてんに)
小指と薬指の間をたどって、手の甲の1/3ほどにあります。
痛みの緩和によく効きます。

 

刺激法
鎖骨神経痛の人は、腰腿点2のツボを強く押すと痛みがあるはずです。
薬指側の骨に押し込むようにもむのがコツです。

腎臓ゾーン
内臓を支配する腎臓ゾーンを刺激することで、炎症が早くおさまって、
神経痛の痛みを軽減します。
痛い側のツボを重点的に押しもみをします。

 

 

 

 


太衝(たいしょう)
親指と人差し指の骨の間をたどり、二本の骨が交わったところの手前にあるツボです。
足の冷えを改善することで、発作を予防します。

 

 

 

 

脊椎ゾーン
親指の付け根からかかとに向かって、内側サイドラインに沿ったゾーンです。
親指下からかかとに向かってじっくりと押しもみます。

 

 

 

 


天王寺駅近く!地下鉄天王寺駅5番出口から徒歩2分!
最終受付20時まで(初診を除く)
骨盤矯正・産後矯正・猫背矯正・姿勢矯正・外反母趾・美容鍼・急な痛みを取る特殊電気治療の得意な鍼灸整骨院です(^▽^)/
マッサージ・腰痛・肩痛・四十肩・五十肩・肩こり・足痛・膝痛・頭痛・交通事故・むち打ち・捻挫・打撲・ほうれい線・シミ・シワでお悩みの方は当院まで!
時間外で朝ヨガ・夜ヨガ、ベビーマッサージ教室・ベビーヨガ教室、ポーセラーツレッスンを行っております。
チキバンはり・きゅう整骨院
〒5450051
大阪市阿倍野区旭町1-1-8
加賀タワービル1階(ドン・キホーテさん横ビル)
☎06-7710-8580

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

同じカテゴリの記事はございません。