2019年3月6日

こんばんは、チキバンはりきゅう整骨院です。

本日はこの時期から出てくる花粉症の症状に効くツボをお伝えいたします(^_^)/

 

◎花粉症とは

春や夏など、ある季節になると、鼻がむずむずし痒くなって、
くしゃみを連発し, 水ばながたくさんでて、鼻がつまってくる人がいます。
鼻のほかに、目のかゆみ、ゴロゴロする、涙がでる、咳がでる、のどがゼイゼイする、顔がほてる、寒気がする
皮膚がかゆい、 お腹が痛いなどの症状を伴うこともあります。

この症状は風邪と似ているため間違えられることがありますが、
このような症状の多くは 空気中に 飛び散っている花粉を吸い込んで起こるアレルギーで、花粉症といわれています。
アレルギーを起こす花粉として、スギ、ヒノキなどの樹木、カモガヤ部屋イメージ、オオアワガエリなどのイネ科植物
ブタクサ、ヨモギなどのキク科植物などが知られていますが、この中でもっとも患者が多いのは、春のスギです。
花粉症は成人の女性に多い傾向がありますが、最近は子供にも増えてきました。
どうやら家族にアレルギーの素因があると、花粉症になる度合が高いようです。
そして、疲労やストレスなどで身体の免疫力や自律神経のバランスなどが崩れると症状がでやすくなります。
特に春は新しい生活がはじまる季節、いろいろなストレスが身体にかかり自律神経が乱れやすくなります

お灸の他にも、十分な睡眠、バランスのとれた食事、身体を冷やさないなど、
すこし生活習慣を見直して、身体のバランスを整えることも心がけてみてくださいね。

 

花粉症に効果的なツボ

尺沢(しゃくたく)
手の平を上に向けて肘の内側の横しわの外側の凹みにとります。
肩こり、息苦しさ、のどの違和感、咳や鼻水の症状にも。

太谿(たいけい)
足の内側のくるぶしとアキレス腱の間の凹み、触ると脈に触れる場所にあります。
冷え、腰痛、腎臓の疾患、疲労感などにも。

合谷(ごうこく)
親指と人差し指の骨が交わる骨際にとります。
眼の疾患の他、頭痛、耳鳴り、頚肩こりなどにも。

 

目のかゆみ、鼻水に効果的なツボ

印堂(いんどう)
眉間の中央にあります。
鼻づまりのほか、精神的な疲れ、美容にもつかわれます。

迎香(げいこう)
小鼻のすぐわきの骨際の圧痛部にあります。
鼻づまりの他、めまい、頭痛、美容にも使われます。

承泣(しょうきゅう)
黒目の真下、骨の際、圧痛部にとります。
眼の疾患、美容にも使われます。

 

※中指とひとさし指をうまく使って、気持ちいいと感じる範囲で指圧をしてみてください。痛みを緩めると、症状緩和が期待できます。

 

 

 


天王寺駅近く!地下鉄天王寺駅5番出口から徒歩2分!
最終受付20時まで(初診を除く)
マッサージ・骨盤矯正・産後矯正・猫背矯正・姿勢矯正・外反母趾・美容鍼・急な痛みを取る特殊電気治療の得意な鍼灸整骨院です(^▽^)/
腰痛・肩痛・四十肩・五十肩・肩こり・足痛・膝痛・交通事故・むち打ち・捻挫・打撲・ほうれい線・シミ・シワでお悩みの方は当院まで!

時間外で朝ヨガ・夜ヨガ、ベビーマッサージ教室・ベビーヨガ教室、ポーセラーツレッスンも行っております。

チキバンはり・きゅうきゅう整骨院
〒5450051
大阪市阿倍野区旭町1-1-8
加賀タワービル1階(ドン・キホーテさん横ビル)
☎06-7710-8580

2019年3月3日

 

花粉症に良くない食べ物

 

花粉症は、ヒスタミンが異常に放出されて起こっている症状です。実は、食品の中には、ヒスタミンを含む食べ物があるんです。
ヒスタミンを食べ物でとってしまうと身体のヒスタミン量が過剰になってしまって、花粉症はさらにひどくなってしまうということが容易に想像できますよね。
そんな花粉症を悪化させてしまうであろうヒスタミンを多く含む食べ物をご紹介しますね。
花粉症の時期は、これから紹介する食品の摂取を控えるということも花粉症を悪化させないひとつの方法でもあります。
それでは、ヒスタミンを多く含む食材をご紹介します。

 

 

 

・チョコレート
スギの花粉症の方は、バレンタインのチョコレートはほどほどにしておかないとひどくなってしまいますね。

・コーヒー
ついつい仕事の合間に飲んでしまうんですが、ほどほどにしないといけないですね。

・いわし
いわしだけでなくて、あじ・さんま・さばといった青魚もヒスタミンを多く含んでいるんですね。

・えび
えびだけじゃなくて、同じ甲殻類のカニのヒスタミンが多いんです。

・バナナ
小腹が減ったときのお供ですけど、これもダメなんです。

 

 


 

天王寺駅近く!地下鉄天王寺駅5番出口から徒歩2分!
最終受付20時まで(初診を除く)
骨盤矯正・産後矯正・猫背矯正・姿勢矯正・外反母趾・美容鍼・急な痛みを取る特殊電気治療の得意な鍼灸整骨院です(^▽^)/
マッサージ・腰痛・肩痛・四十肩・五十肩・肩こり・足痛・膝痛・頭痛・交通事故・むち打ち・捻挫・打撲・ほうれい線・シミ・シワでお悩みの方は当院まで!
時間外で朝ヨガ・夜ヨガ、ベビーマッサージ教室・ベビーヨガ教室、ポーセラーツレッスンを行っております。
チキバンはり・きゅう整骨院
〒5450051
大阪市阿倍野区旭町1-1-8
加賀タワービル1階(ドン・キホーテさん横ビル)
☎06-7710-8580

 

 

 

 

2019年3月3日

花粉症は薬じゃなくて食べ物で解消!花粉症に良い食べ物

花粉症は、花粉が原因でおこるアレルギー反応なんです。
具体的には、身体が、花粉を異物が入ってきたと思って、身体はヒスタミンなどの化学伝達物質を放出します。
これらの物質が、くしゃみ・鼻水・鼻づまり、目のかゆみなどの症状(異常反応)を引き起こすのです。
この異常反応を抑える薬として、市販薬にアレグラとかアレジオンとかの抗ヒスタミン薬(ヒスタミンを抑える薬ということ)なんてものもありますよね。
実は、ヒスタミンを抑えるのは薬だけなくて、ヒスタミンを抑える食品なんてものもあるんです。
特殊な食べ物じゃなくて、実は、誰もが食べている普通の食べ物なんです。そんな食べ物をご紹介したいと思います。

 

花粉症に良い食べ物とは?

花粉症に良い食べ物とは、花粉症の原因である花粉による過剰なアレルギー反応を抑えてくれる。
まり、ヒスタミンの放出を抑えてくれる食べ物なんです。そんな食べ物をご紹介しますね。

・玉ねぎ
玉ねぎには、抗酸化作用をもつポリフェノールのフラボノイド系フラボノールに分類される成分の「ケルセチン」を多く含む食べ物なんです。
ケルセチンは、非常に高いヒスタミン抑制によって、ヨーロッパでは抗ヒスタミン剤として医薬品認定されているくらいヒスタミン抑制によいようです。

・生姜
生姜には、独特の辛味成分があると思うのですが、あの辛味成分は「ショウガオール」と呼ばれる抗酸化物質で、ヒスタミンの生成を抑える効果があるといわれています。

・梅干し
動物実験でヒスタミン抑制率を調べたところによると、アレグラやアレジオンといった抗ヒスタミン薬が87.9%で、梅肉エキスが57.3%ということで
副作用が心配な薬に比べると効果は劣りますが、花粉症の原因であるヒスタミンを抑制する一定の効果が期待できる

・大根おろし
ヒスタミンは代謝酵素によって分解されるんですが、大根おろしはこの代謝酵素のかわりとなってくれるんです。
魚や肉に「大根おろし」をつけるのは、ヒスタミンが多い食品の代謝酵素となって、過剰なヒスタミン摂取を抑えているんです。
ただ、ジアスターゼは熱に弱いんで、大根は生のおろしで摂取することが必要です。

・ヨーグルト
ヨーグルトは、腸内細菌を変化させると体内の環境がアレルギーを抑えるようになると考えられています。
しかし、ヨーグルトを毎日食べるブルガリアの人でもアレルギーの病気はありますので、花粉症を完全に治すことは難しいかもしれませんし、実際の効果の程度は不明なんです。
ただ、最近の研究によると特殊な乳酸菌は、免疫をつかさどる細胞に働きかけ、抗アレルギー作用を引き出してくれることがいくつもの研究から明らかにされていて、
ヨーグルトなどの乳酸菌を含む食品で、一定の効果があるとの実証実験結果があります。
また、花粉症などのアレルギーは免疫バランスのくずれによって発症するんですが、ヒトの免疫システムには、
司令塔の役目をするTh1(主として感染に働くT細胞)とTh2(主としてアレルギーに働くT細胞)、Treg(主として免疫調節に働くT細胞)が関わっているといわれています。
れらのT細胞はお互いにバランスをとりながら免疫をコントロールしているんですが、環境や生活習慣によって、Th2が過剰になったり、
Tregが弱まったりすると、免疫バランスがくずれ、アレルギーの症状が発症するんです。
それなので、この3つのT細胞のバランスを整え、正常な状態に整えてあげれば、アレルギーは発症しないとの考え方もあるんです。
Th2細胞が強く働くとIgE抗体が多量に生成されてしまいアレルギー反応を起こしてしまうんです。
それなので、Th1細胞を優位な状態にすることによって、免疫機能がバランスよく働き、アレルギー反応が起きないようになる。
乳酸菌は、このTh1細胞を優位にする働きが確認されていて、T細胞のバランスが保たれると考えられているんです。

まとめ

花粉症には薬で対処するのが手っ取り早くて、効果もあるんでしょうけど、薬も飲み過ぎると効果がだんだん薄れてきてしまいますよね。
食事を改善すれば、根本的な原因の改善にもなりますし、食べ物をコントロールして花粉症を改善した方が体への負担も少ないですよね。
抗ヒスタミンを含む食材を多く取り入れて、ヒスタミンを含む食材を抑えるっていう方法も花粉症の症状改善のひとつの方法として検討されてはいかがでしょうか。

 

 

 


 

天王寺駅近く!地下鉄天王寺駅5番出口から徒歩2分!
最終受付20時まで(初診を除く)
骨盤矯正・産後矯正・猫背矯正・姿勢矯正・外反母趾・美容鍼・急な痛みを取る特殊電気治療の得意な鍼灸整骨院です(^▽^)/
マッサージ・腰痛・肩痛・四十肩・五十肩・肩こり・足痛・膝痛・頭痛・交通事故・むち打ち・捻挫・打撲・ほうれい線・シミ・シワでお悩みの方は当院まで!
時間外で朝ヨガ・夜ヨガ、ベビーマッサージ教室・ベビーヨガ教室、ポーセラーツレッスンを行っております。
チキバンはり・きゅう整骨院
〒5450051
大阪市阿倍野区旭町1-1-8
加賀タワービル1階(ドン・キホーテさん横ビル)
☎06-7710-8580