四十肩と五十肩

チキバンはり・きゅう整骨院です。

今回は「肩が上がらない」症状の四十肩、五十肩についてです。

みなさん、四十肩と五十肩の違いはご存知でしょうか?

四十肩に「四十」とは、人間の年齢で40歳という意味です。40歳になった頃から肩に痛みを感じるようになり、次第に肩を上げるのが難しくなってくる症状のことです。該当する年齢の方にとっては非常によくある症状なので、40代に差し掛かった時に肩を動かしにくくなったり痛くて上げられないという症状を感じると、多くの方が自分で四十肩だと判断するようです。

不思議なことに、これだけ多くの方々が悩んでいる症状であるにもかかわらず、整形外科的な診断がつかず、明確な原因は分かっていません。年齢を重ねたことによって体が弱ってくることから起きるのか、また女性に多いことからホルモンバランスの変化が原因なのか、など色々な説がありますが、実際のところはこうした色々な理由が重なることで起きているのでしょう。
この四十肩、以前は五十肩と呼ばれていました。五十肩というように50歳頃から症状が始まるのが一般的だったのですが、近年では40代から五十肩とほとんど同じ症状を感じる人が多くなってきたため、四十肩という新しい言葉が生まれました。

チキバンはり・きゅう整骨院では、矯正やストレッチやマッサージなどがあります。

患者様との問診の中で、何が一番適しているかを判断させていただき、治療に移ります。

肩痛でお困りの方は是非、当院にお任せください!

TEL 06-7710-8580

大阪市阿倍野区旭町1-1-8

加賀タワービル1階(ドン・キホーテさん横のビル)