2020年2月19日

チキバンはりきゅう整骨院です!

今回は、女性のお悩みの1つでもある『外反母趾』についてです。

外反母趾で悩まれている方はとても多いですね・・・。

そんな、外反母趾ですが、実はハイヒールは悪者ではないのです!!

足の指を上げることで足裏を強くできるといことは、つま先立ちをしても同じような効果が得られるということになります。

つまり、ハイヒールを履くとアーチが強調されて足裏を強い状態にする事ができるということになります。

ところが、実際にはハイヒールを履くと足の指が歩行のたびに上げ下げされるのではなく、上がった状態で曲がったままになるので、

足裏は常に緊張した状態になってしまいます。結果、足裏は常に力に入った状態となり、その状態が続くと足の指が曲がりっぱなしなってしまったり、

ハイヒールを履かずに歩く場合には足の指が使えなくなってしまう恐れがあります。

もともと、中世ヨーロッパは男性も履いていたというハイヒールですが、女性の履物として残っているということは、女性が男性に比べ、

足の結合組織が弱く、足の歪みに備える必要があったためではないかということも考えられます。

ですkら、ハイヒールを頻繁に履くと、前述のような弊害が発生しますが、絶対に避けるべき履きものとは言えないのです。

外反母趾などの原因は、ハイヒールを履いたこともない人も起こりえるので、必ずしもハイヒールが原因とは言えません。

 

 

【外反母趾とは?】

親指が体の中心に対して外側をもいた状態。簡単に表現すると綾指が小指側へと曲がってしまう状態の足。

この状態になることで痛みが発生し時には歩行も困難になる疾患。男性よりも女性の方が発症率は高い。

 


天王寺駅近く!地下鉄天王寺駅5番出口から徒歩2分!JR天王寺駅から徒歩3分
最終受付20時まで(初診を除く)
骨盤矯正・産後矯正・猫背矯正・姿勢矯正・外反母趾・美容鍼・急な痛みを取る特殊電気治療の得意な鍼灸整骨院です(^▽^)/
マッサージ・腰痛・肩痛・四十肩・五十肩・肩こり・足痛・膝痛・頭痛・交通事故・むち打ち・捻挫・打撲・ほうれい線・シミ・シワでお悩みの方は当院まで!
時間外で朝ヨガ・夜ヨガ、ベビーマッサージ教室・ベビーヨガ教室、ポーセラーツレッスンを行っております。
チキバンはり・きゅう整骨院
〒5450051
大阪市阿倍野区旭町1-1-8
加賀タワービル1階(ドン・キホーテさん横ビル1階)
電話06-7710-8580

 

2020年2月12日

【骨がんの歪みが甲高を作る】

足の甲が高いとは、いったいどのようなことをいうのでしょうか?

基本的には甲高の人にも、偏平足の人にも、足の甲周辺の骨や筋肉の大きさにはそれほど差はありません。

また、左右で甲の高さに違いがある人でも、足の甲を構成する骨や筋肉の左右の大きさの違いはありません。

そして、甲高の足とは、足裏の土踏まずのアーチが高くなっている状況であることが考えられます!

【甲を高くする原因】

①体の重心の側方移動による小指側への負荷が大きい。

②腰が回旋したときに親指側が持ち上がるような状態になりやすい。

③膝下のスネが外側に回旋しやすい。

などの原因があげられます。

※骨盤が後傾している(歪んでいる)側の脚で片足屈伸をしてみると、安定した足に体の中心をのせようとするため、立ち上がる動きをすると足は、

自然に小指側荷重になってしまうのです。

 

 


 

天王寺駅近く!地下鉄天王寺駅5番出口から徒歩2分!JR天王寺駅から徒歩3分
最終受付20時まで(初診を除く)
骨盤矯正・産後矯正・猫背矯正・姿勢矯正・外反母趾・美容鍼・急な痛みを取る特殊電気治療の得意な鍼灸整骨院です(^▽^)/
マッサージ・腰痛・肩痛・四十肩・五十肩・肩こり・足痛・膝痛・頭痛・交通事故・むち打ち・捻挫・打撲・ほうれい線・シミ・シワでお悩みの方は当院まで!
時間外で朝ヨガ・夜ヨガ、ベビーマッサージ教室・ベビーヨガ教室、ポーセラーツレッスンを行っております。
チキバンはり・きゅう整骨院
〒5450051
大阪市阿倍野区旭町1-1-8
加賀タワービル1階(ドン・キホーテさん横ビル1階)
電話06-7710-8580

 

2020年2月5日

靴の歪み

靴底の減り方を見れば、その人の体の歪みが分かる!とよく言われていますが、じつは靴底の減り方だけでは、

その人のどのような歪みの傾向があるのか判断することはできません。

 例えば、かかとの外側から靴が摩擦していくのは体が歪んでいるせいだと決めつける人も多いようですが、

実際にはほとんどの人がかかとの外側から減っていくのです。

ただし、靴全体をチェックすることで履いている人の体の特徴を見出す方法はあります!

それは、靴そのものの歪みをチェックするのです。靴全体の傾きや歪み、アッパーやミッドソールにできたシワを見ることで、

ある程度は「足の動きがどのようになっているか」を推測することができるのです。

 スカートが右に回る人が履く靴は右足側は左足側よりも甲高になる傾向にあり、履き口の広がりは左足の方が内側に広がりやすい傾向にあります。

スポーツシューズの場合、右足のミッドソールは外側にシワが入りやすく左足のミッドソールは内側にシワが入りやすくなります。

 

靴底の減り方を見れば、その人の体の歪みが分かる!とよく言われていますが、じつは靴底の減り方だけでは、

その人のどのような歪みの傾向があるのか判断することはできません。

 例えば、かかとの外側から靴が摩擦していくのは体が歪んでいるせいだと決めつける人も多いようですが、

実際にはほとんどの人がかかとの外側から減っていくのです。

ただし、靴全体をチェックすることで履いている人の体の特徴を見出す方法はあります!

それは、靴そのものの歪みをチェックするのです。靴全体の傾きや歪み、アッパーやミッドソールにできたシワを見ることで、

ある程度は「足の動きがどのようになっているか」を推測することができるのです。

 スカートが右に回る人が履く靴は右足側は左足側よりも甲高になる傾向にあり、履き口の広がりは左足の方が内側に広がりやすい傾向にあります。

スポーツシューズの場合、右足のミッドソールは外側にシワが入りやすく左足のミッドソールは内側にシワが入りやすくなります。

つま先はつまづきやすい左足の方が痛みやすくなります。

 このように、靴全体の状態を見ることで足のゆがみの特徴をある程度は判断することができます(^▽^)/

一度自分の靴の状態をチェックしてみてはいかがでしょうか??

 

 


 

 

天王寺駅近く!地下鉄天王寺駅5番出口から徒歩2分!JR天王寺駅から徒歩3分
最終受付20時まで(初診を除く)
骨盤矯正・産後矯正・猫背矯正・姿勢矯正・外反母趾・美容鍼・急な痛みを取る特殊電気治療の得意な鍼灸整骨院です(^▽^)/
マッサージ・腰痛・肩痛・四十肩・五十肩・肩こり・足痛・膝痛・頭痛・交通事故・むち打ち・捻挫・打撲・ほうれい線・シミ・シワでお悩みの方は当院まで!
時間外で朝ヨガ・夜ヨガ、ベビーマッサージ教室・ベビーヨガ教室、ポーセラーツレッスンを行っております。
チキバンはり・きゅう整骨院
〒5450051
大阪市阿倍野区旭町1-1-8
加賀タワービル1階(ドン・キホーテさん横ビル1階)
電話06-7710-8580