2019年2月05日

2019年2月5日

こんばんは!チキバンはり・きゅう整骨院です。

顔の印象はとても気になるものですよね。少しでも元気に若々しく見られたいというのは誰もが思うことですが、

目の下にクマがあるとどうしても疲れて見えてしまいます!(゜゜)

ファンデーションやコンシーラーで頑張ってカバーしても厚塗りになりがち・・・

今日はクマの原因と改善法をお伝えいたします。

2種類のクマをご紹介

①青クマ

チェックリスト

☐ファンデーションやコンシーラーで消すことができる

☐目の周りを引っ張ってみるとクマが薄くなる

☐寝不足や体調によりクマの濃さが変わる

 

②茶クマ

チェックリスト

☐肌の摩擦

☐紫外線

☐目の周りを引っ張ってみてもクマが薄くならない

 

青クマは血行不良によるもの

茶クマはメラニン色素やコラーゲン糖化による色素沈着が原因になります。

 

血行不良のクマに対しては目の回りを暖めたり、首のストレッチをして血流の改善を

茶クマは洗顔の時に目の回りをゴシゴシ擦ったりせず、また紫外線から肌を保護をします

美容鍼灸では、青クマに対しては、眼の筋肉の血流を良くする、そして体へは凝りをほぐしたり、冷え性改善の鍼を行います

茶クマに対しては皮内鍼という特殊な小さな鍼でお肌の真皮層に刺激を加え、色素沈着した組織のターンオーバーを早めるようにします

美容鍼灸でコンシーラーのいらないナチュラル美人肌になって、メイク時間の短縮をしませんか(´▽`*)♪

 


天王寺駅近く!地下鉄天王寺駅5番出口から徒歩2分!
最終受付20時まで(初診を除く)
骨盤矯正・産後矯正・猫背矯正・姿勢矯正・外反母趾・美容鍼・急な痛みを取る特殊電気治療の得意な鍼灸整骨院です(^▽^)/
マッサージ・腰痛・肩痛・四十肩・五十肩・肩こり・足痛・膝痛・頭痛・交通事故・むち打ち・捻挫・打撲・ほうれい線・シミ・シワでお悩みの方は当院まで!
時間外で朝ヨガ・夜ヨガ、ベビーマッサージ教室・ベビーヨガ教室、ポーセラーツレッスンを行っております。

チキバンはり・きゅう整骨院
〒5450051
大阪市阿倍野区旭町1-1-8
加賀タワービル1階(ドン・キホーテさん横ビル)
☎06-7710-8580


コメント